キャズム理論

キャズム理論

キャズム理論とは

キャズム理論とは、クレイトン・クリステンセン教授によって提唱されたビジネス理論の一つです。この理論は、企業や製品の成長や衰退を、市場の需要と供給が交差する「キャズム」と呼ばれる障壁を通過することによって説明します。

キャズムとは、新しい技術や製品が市場に出現した際、初期の採用者(イノベーター)と、大多数の消費者との間に存在する差異を指します。イノベーターは新しい製品に対する興味やニーズが高く、製品の機能や性能に対する期待も高い一方で、一般的な消費者は製品に対する理解が不十分であり、製品の利用に抵抗感を抱くことがあります。

このようなキャズムを越えるためには、製品の技術的な特徴だけでなく、市場や消費者のニーズや期待にも注目する必要があります。キャズムを越えた企業や製品は、市場の成長や拡大に成功することができます。

キャズム理論は、新しい製品や技術の導入に関するビジネス戦略の立案や、市場の変化や競争環境の分析に役立ちます。

市場を5つの層に分けて、それぞれの層に応じたマーケティング戦略を検討することを提唱しています。
5つの層になります。

1.イノベーター層(Innovators)
2.アーリーアダプター層(Early Adopters)
3.早期大多数層(Early Majority)
4.後期大多数層(Late Majority)
5.超保守的層(Laggards)
・まとめ

1.イノベーター層(Innovators)

イノベーター層は、新しい製品や技術に対して非常に興味を持ち、先進的な考えを持っているグループです。彼らは、新しいものを試してみることに楽しみを感じ、その製品や技術が市場で受け入れられるかどうかについてはあまり気にしません。

イノベーター層は市場全体の人口に対してはごくわずかで、新しい製品や技術の普及に寄与します。彼らが興味を持つ製品や技術は、その後の消費者層にも影響を与え、製品の市場導入に重要な役割を果たします。イノベーター層を理解することで、新しい製品や技術の受け入れに関するマーケティング戦略を立てることができます。

2.アーリーアダプター層(Early Adopters)

アーリーアダプター層は、イノベーター層に続く製品や技術の初期段階で、その新しさや先進性に関心を持ち、早期に導入するグループです。

彼らは製品や技術に対して高い期待を持っており、評判や口コミなどから情報を収集し、リスクを減らすために十分な情報を収集します。アーリーアダプター層は市場全体の人口に対して比較的少なく、一般消費者層に比べて製品や技術に対して高い支出意欲を持ちます。

彼らが製品や技術を導入することで、市場の拡大に貢献し、次の層である「早期大多数層」に影響を与えます。アーリーアダプター層を理解することで、新製品や技術の導入戦略を立てることができます。

3.早期大多数層(Early Majority)

早期大多数層は、新しい製品や技術が確立された後に導入する消費者層であり、市場全体の約1/3を占めると言われています。彼らはアーリーアダプター層やイノベーター層からの口コミや評判を受け、製品や技術が信頼性があるかどうか、または価格が妥当であるかどうかを評価します。

彼らはリスクを避け、製品や技術の導入に時間をかけることが多いですが、結果として製品や技術が普及するためには欠かせない存在です。早期大多数層が製品や技術を導入することで、市場は成熟し、より広い消費者層に浸透していきます。製品や技術の導入戦略においては、

早期大多数層にも対応することが重要です。

 

4.後期大多数層(Late Majority)

後期大多数層は、製品や技術が普及してから導入する消費者層であり、市場全体の約1/3を占めると言われています。

彼らは製品や技術に対して慎重で、リスクを避ける傾向があります。製品や技術が市場で確立され、安定した評判や口コミがある場合により、より安価で利便性が高くなってから導入することが多いです。後期大多数層は、前の層と比べて製品や技術に対して価値観が異なる場合があり、多くの場合は基本的な機能や利便性に重点を置きます。

後期大多数層が製品や技術を導入することで、市場の普及率は更に上がります。製品や技術の導入戦略においては、後期大多数層が導入を検討する要素について考慮することが重要です。

5.超保守的層(Laggards)

超保守的層は、市場全体の最後の層であり、新しい製品や技術を導入することに極めて慎重であるため、市場全体の約1/7を占めると言われています。

彼らは伝統的な製品や技術に対する忠誠心が強く、変化を嫌います。

製品や技術に関する情報や新しいトレンドについてあまり関心を持たないため、市場の流れについていけないことが多いです。

彼らは前の層からの情報や推薦には非常に敏感で、製品や技術の導入について慎重に検討します。製品や技術が市場で確立されてから導入することが多く、最新の製品や技術についてはほとんど関心を持ちません。

製品や技術の導入戦略においては、超保守的層が求める要素や特徴について考慮することが重要です。

 

まとめ

キャズム理論は、製品や技術を市場に導入する際の消費者層の違いに注目し、市場導入における壁や障壁であるキャズムの溝を解決するための理論です。消費者層は、イノベーター層、アーリーアダプター層、早期大多数層、後期大多数層、超保守的層の5つの層に分類されます。

各層には製品や技術に対しての関心や導入スピードが異なり、キャズムの溝が生じます。

製品や技術の導入においては、消費者層の特徴や求める要素を理解し、キャズムの溝を克服するための戦略を立てることが重要です。イノベーター層やアーリーアダプター層には、製品や技術の革新性や先駆性を訴求し、早期大多数層や後期大多数層には、製品や技術の実用性や信頼性を訴求する戦略が有効です。

超保守的層には、伝統的な製品や技術との比較や、製品や技術の導入がもたらすリスクを低減する戦略が有効です。

Tiktok運用代行・SNSマーケティング
eyen,co

クレイトン・クリステンセン Wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2023 TikTok運用代行・SNSマーケティング・中国マーケティング, All rights reserved.