マーケット理論 

マーケット理論

マーケット理論 5選

マーケット理論は、市場における需要や供給、競争、消費者行動などの法則や原則を解明する理論です。マーケット理論は、企業が市場で
競争力を獲得するための重要な手法となります。具体的には、以下のような点でその重要性が認められます。

1.製品ライフサイクル理論
2.マズローの欲求階層理論
3.SWOT分析理論
4.ポーターの5つの競争要因理論
5.消費者行動理論

1.製品ライフサイクル理論

ある製品が市場に導入されてから
成長期、成熟期、衰退期に至るまでの一連の段階を示す理論です。この理論により、企業は製品のライフサイクルを把握し市場における製品の需要の変化や市場のトレンドを理解することができます。

成長期では需要が急増し、市場の拡大が期待できますが成熟期になると競合製品の増加や市場の飽和により需要が鈍化していきます。そして、衰退期には需要が減少し製品を撤退することが適切となる場合があります。

この理論を活用することで、企業は製品開発やマーケティング戦略の立案に役立てることができます。また、製品の需要の変化を予測することで、製品の生産量や在庫管理販売戦略の最適化を行い、経営の効率化を図ることができます。

2.マズローの欲求階層理論


人間の欲求が階層的に組織化されているとする心理学の理論です。この理論によれば、人間の欲求は、低次の欲求から高次の欲求へと発展していくとされています。

この理論では、欲求は以下の5つの階層に分類されます。

  1. 生理的欲求:食物、水、睡眠、性などの身体的欲求。
  2. 安全欲求:身体的な危険や脅威からの保護や安全性を求める欲求。
  3. 社会的欲求:愛情や所属、友情、コミュニケーションなど
    社会的なつながりや交流を求める欲求。
  4. 尊敬欲求:自尊心や自己評価、他者からの承認や評価を求める欲求。
  5. 自己実現欲求:自己の能力や才能を最大限に発揮し自己実現や成長を目指す欲求。

この理論によれば、低次の欲求が満たされることで高次の欲求が生まれるとされています。
例えば、食べ物を得ることで生理的欲求が満たされると次は安全欲求が生じます。また、高次の欲求が満たされることでより高次の欲求が生まれるとされています。

この理論は
人間の欲求がどのように組織化されているかを理解することで個人の行動や動機付けを理解し
自己実現や幸福感の向上を目指す上で重要な理論とされています。

3.SWOT分析理論

企業や組織の内部・外部環境を分析し自己分析の基盤を提供する枠組みです。SWOTとは、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)
Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字をとったもので、それぞれ以下のような意味があります。

・Strengths
企業や組織の強みや優位性を把握することができます。
・Weaknesses
企業や組織の弱みや改善すべき点を把握することができます。
・Opportunities
外部環境の変化や動向を捉えビジネスチャンスを
把握することができます。
・Threats
外部環境の変化や動向から自己の弱みや脅威を
把握することができます。


SWOT分析は、自己分析や戦略策定のプロセスにおいて有用なフレームワークとして広く活用されています。自己の強みを生かし、改善点を洗い出し、外部環境の変化に適応してビジネスチャンスを追求するために、SWOT分析を行うことが大切です。

4.ポーターの5つの競争要因理論


マイケル・ポーターによって提唱された企業戦略の枠組みで
競争力の源泉を分析することによって
企業が競争優位性を獲得する方法を示唆しています。以下がポーターの5つの競争要因です。

  1. 新規参入の脅威 新しい企業や製品が市場に参入することで競争が激化することがあります。新規参入の脅威が高い場合企業は競合他社との差別化や低コスト戦略を追求する必要があります。
  2. 同業他社との競争 同じ業界の競合他社との競争が激化することで企業は自社製品やサービスの差別化、コスト削減品質向上などを行うことが求められます。
  3. 代替品の脅威 類似のニーズを満たす代替品が市場に登場することで企業の需要が減少する可能性があります。代替品の脅威が高い場合
    企業はより高品質な製品やサービスの提供、価格の引き下げ市場の拡大などを行うことが必要です。
  4. 顧客の交渉力 顧客の交渉力が高い場合
    企業は価格引き下げやサービスの改善などで対応する必要があります。また、顧客との良好な関係構築やロイヤルティの向上が必要です。
  5. 供給者の交渉力 企業が必要とする原材料や資源を供給する業者や団体の交渉力が高い場合、企業は原材料価格の引き下げや供給元の多様化などを検討する必要があります。

ポーターの5つの競争要因理論を理解することで
企業は自己の競争優位性を分析し、戦略を策定することができます。

5.消費者行動理論


消費者が製品やサービスを購入する際にどのような心理的社会的要因が影響するのかを解明し、企業が製品やサービスのマーケティング戦略を策定するための理論です。以下に代表的な消費者行動理論を紹介します。

  1. 購入意思決定過程モデル 購入意思決定には
    問題認識、情報収集、評価・比較、購入決定、購入後行動の5つの過程があるとされています。消費者は自己のニーズに合った製品やサービスを探し、比較検討し、最終的に購入を決定するとされています。
  2. 消費者の購買行動モデル 消費者の購買行動には、心理的・社会的・文化的な要因が影響するとされています。心理的な要因には、自己のニーズや態度感情などがあり、社会的な要因には、家族や友人、社会の価値観などがあります。
    文化的な要因には、国や地域、宗教、文化などがあります。
  3. アトリビューション理論 アトリビューション理論は、消費者が製品やサービスの購入や使用に対して、自己や環境などの原因を考える心理的な過程を解明する理論です。消費者は、自己や環境の要因によって製品やサービスを評価するため企業は製品やサービスのブランディングや広告によって消費者のアトリビューションに影響を与えることができます。

消費者行動理論は、企業がマーケティング戦略を策定する際に必要な理論であり消費者がどのような心理的・社会的要因によって製品やサービスを評価するかを理解することが重要です。

Tiktok運用代行・SNSマーケティング
eyen,co

マーケティング Wikipedia

TIKTOK運用 SNSマーケティング » マーケット理論 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2024 小紅書・TikTok運用代行・SNSグローバルマーケティング, All rights reserved.